女2男1の3Pかと思いきや、男・女・ニューハーフの3Pでした!www
ニューハーフをサンドイッチしてるので女が騎乗位でペニクリをがっぷりとくわえ込み、男が後ろからケツマンコを奥深くまで挿し込んでのアナルセックスを堪能する、快楽の限りを追及した性の限界突破3Pです!
フル勃起ペニクリを女マンコに突っ込んで、女はそれに夢中でフルピストン!
そのままニューハーフのアナルをがっつり開いてビンビンのデカマラを奥深くぶっこむ嬉しそうな男!
三者三様に快楽に身を任せ獣のようにセックスを楽しみ嬲り嬲られのあられもない淫蕩絵図は興奮の一言に尽きます!
色白ニューハーフと小麦色美人が絡むシーンについては一見綺麗なビアンかと思わせるくらいの芸術性です!
まあよくよく見るとペニクリバッチリなのですぐにわかってしまいますがw
淫語まみれで快楽に表情が演技できず本気になってるあたり画面越しのエロ・アトモスフィアがこちらまで感化してくるパワー溢れるゲイビです!!




現代の多様化する性にスポットを当てた社会風刺的作品!(嘘)

男・女・ニューハーフの3Pはありそうで実はそんなに数が多いというわけでもないちょっとレアな作品です。
まあそもそもニューハーフの人は基本的に女の人の体を追求してるので男をパートナーにしたがる人が多い感じですが、体が男で女になりたくて女になるけど、実は女のこの方が好き。という難しい人も世の中には少なからずいるようです。
こういったことは理屈ではなく、そうなのだから仕方ないとしかいえないのですが、傍からはなかなかわかりにくい難しい問題です。 本人にしてもいちいち声を大にして宣言してまわらなければならないような問題でもありませんしね。
まあ身近にそれっぽい人がいるときにはどう対応してもらったほうが好ましいのか聞いてもらうのも手だとは思います。
海外のフェイスブックには性別の項目が9個くらいあるそうなので、グローバルを謳う会社に勤めている方はこれからはそういったことにも注力しなくてはならないかもしれませんね。
男だ女だと二つの性にこだわるのは今や時代錯誤もはなはだしく、これからはそういったものを超えて愛や快楽の本質を追求したセックスを考えるべきなのかもしれません。


【PR】






→ 電影兄貴TOP

関連記事